2年 ago
4777 Views

楽天サイトの転換率を上げる方法

sale

「転換率」とは

「転換率」とは、訪問ユーザのうち成果に結び付いた割合のことを「転換率」と言います。
「転換率」は、CVR(コンバージョンレート)や購入率とも言われ、サイトによって、「購入」や「資料請求」、「問い合わせ」などの場合があり、効果が得られる割合のことです。
この「転換率」をどのようにして上げるのか。また、上げるとどのような効果があるかをまとめて行きたいと思います。

「転換率」の計算式

例えば、通販サイトに1,000人が訪れ、そのうち10人が商品を購入した場合を、式にすると、
購入者数10人 ÷ 訪問者数1,000人 = 転換率1%
この転換率を、通販サイトの運営において、どのように役立てることが出来るでしょう?
通販サイトの売上は以下の式で表されます。
訪問者数 × 転換率 × 平均購買単価 = 売上
これが、通販サイトの基本です。
この式で売上を増やすには、それぞれの数値を増やす必要があります。
そのためには、3つの方法が考えられます。
 1.訪問者数の増加
 2.平均購買単価の増加
 3.転換率の増加
「訪問者数の増加」を考える場合、検索エンジンなどからの誘導が効果的なので、リスティング広告などの利用が最も早い対策になります。
「平均購買単価の増加」を考える場合、単純に単価を上げても良いですが、その場合転換率も変わってくるため、単価自体を変更するより同梱で購買単価を上げるなど、複合的に見直された方がいいでしょう。
最後に、「転換率の増加」を考えましょう。

転換率の影響の大きさ

例にとってご説明したいと思います。
現状
訪問者数1,000人 × 転換率1% × 平均購買単価5,000円 = 売上50,000円
対策A 訪問者数の増加
訪問者数2,000人 × 転換率1% × 平均購買単価5,000円 = 売上100,000円
対策B 転換率の増加
訪問者数1,000人 × 転換率2% × 平均購買単価5,000円 = 売上100,000円
「対策A」は訪問者数を2倍に、「対策B」では転換率を2倍にしました。どちらとも2倍なので、売上金額も2倍ですね。
「対策A」の場合は、コストはかかりますが訪問者数を増やす手法として、リスティング広告が効果的でしょう。
しかし、掲載期間中はアクセスが増えますが、掲載期間が終了するとアクセス数は元に戻ってしまいます。訪問者数を一定に保つには、継続的にコストを掛け、リスティング広告を利用する必要があります。
それに対して、「対策B」の「転換率」を増やすために必要なものは何でしょうか?
次の様なものが考えられます。
 ●ターゲットの絞り込み・コンセプトの明確化
 ●見やすいデザインや色、雰囲気、キーワード、キャッチコピーなどの最適化
 ●サイトの使いやすさ、豊富な決済方法など
 ●付加価値
 ●他店には無い自店の強み
 ●信頼を得るためのコンテンツ(お客様の声など)
ページのコンテンツなどのクオリティを高めることが大切になります。
これらを実施するためにプロに頼むと効果が高いため、コストは掛かりますが、一度改善してしまえば一定の転換率が保てるようになり、効果が継続し、コストは継続的には掛かりません。
コストを掛けて集客をしても、転換率が低ければ無駄になってしまうことが多くあります。なので通販サイト運営においてのアクセスアップやその対策はとても重要ですが、転換率の向上も、とても重要です。
転換率を高める基本は、ターゲットやコンセプトの明確化です。
通常1~2%といわれる通販サイトの転換率を、いかに向上させるかが重要です。
転換率を向上させるためのポイントをおさえたページ構成・コンテンツ作りを心掛けましょう。

Article Tags:
·
Article Categories:
売上アップ · 転換率
12345 ( サイト評価: 4.00 out of 5)
Loading...

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Menu Title
ツールバーへスキップ