2年 ago
1936 Views

意外とよくみる右クリック禁止のやり方と解除方法

tips

「右クリック禁止」について

「右クリック禁止」とは、いわゆる右クリックで表示されるメニューを表示させない事です。多くのユーザエージェントでは、右クリックでソース表示が行えるメニューが出ますが、HTMLのソースを見られたくない等の理由から、右クリックを禁止しているコンテンツが見られますが、無意味だと思います。

「右クリック禁止」をするためには

いわゆる「右クリック禁止」のための機能は、ファイヤーフォックスなどもじら系のユーザエージェントとインターネットエクスプローラが実装しております。
オペラなどブラウザによっては実装してないようです。
具体的には、要素にoncontextmenu属性を与え、その値として右クリックされた際に実行するスクリプトを記述します。
しかし、このoncontextmenu属性は標準的なHTMLには含まれておらず、oncontextmenu属性を使用した時点で文法違反となります。
そのため、スクリプトでoncontextmenu属性を後々、付け加えると考えられます。

wold=window.onload;
window.onload=brc;

function brc() {
    if (document.getElementById && !window.opera) {
        eles=document.getElementsByTagName('body');
        if (!document.all) {
            eles[0].setAttribute('oncontextmenu','return(brc2()); ');
            }
        else eles[0].oncontextmenu=brc2;
        }
    if (wold) wold();
    }

function brc2() {
    alert('右クリックダメ!'); return(false);
    }

右クリック禁止は意味がない

右クリック禁止は、以下のような理由から全く意味はありません。対応していないユーザエージェントがあるオペラでは実行出来ないようです。
この手のトリックをしたがる者は、恐らくインターネットエクスプローラの事しか考えていないと思いますが、数パーセントとは言え決して少なくないオペラユーザには一切通じません。
また、旧式のユーザエージェントでも無理です。事に依っては右クリック以外の方法があるウィンドウズ上のファイヤーフォックスなら、Ctrlキーを押しながらUキーを押せば、ソースファイルが開きます。
制作者は右クリック封じが鬱陶しいので、いつもキーボード操作でソースを開いております。インターネットエクスプローラなどでも、ツールバーからメニューを撰べばソース表示が可能です。chromeでは設定からプライバシー設定でjavascriptを許可しないとすれば右クリックできます。

右クリック規制そのものを封じる事の出来るユーザエージェントもあるファイヤーフォックスでは、JAVAスクリプトの動作可否を細かく指定出来ます。その中には、右クリックメニューを開かせなかったり改竄させるスクリプトの実行を止める項目もあります。実際にファイヤーフォックスでこの設定をしている方なら、右クリックの際に変なアラートが表示されても、それを消せば右クリックメニューがちゃんと表示されるのをご覧になった方もいるでしょう。

HTML文書はマークアップされたソースがあって初めてユーザエージェントが処理・表示出来るのです。
なので、ソースを見せないという発想そのものが意味が無いと言えますが…未だにそんなことをやってるとこはありますね。

Article Tags:
·
Article Categories:
小ネタ
12345 (No Ratings Yet)
Loading...

Comments to 意外とよくみる右クリック禁止のやり方と解除方法

  • That’s a skillful answer to a dilffcuit question

    Ramadhani 2015年5月26日 11:49 AM 返信

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Menu Title
ツールバーへスキップ